<< プールサイドでソムリエお薦め本を | main | aboutmeで質問作成しました。 >>

【-】 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | ブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク

ニュース直木賞に松井今朝子さん、芥川賞に諏訪哲史さん

直木賞に松井今朝子さん、芥川賞に諏訪哲史さん : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 第137回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日夜、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に諏訪哲史さん(37)の「アサッテの人」(群像6月号)、直木賞に松井今朝子(けさこ)さん(53)の「吉原手引草」(幻冬舎刊)が決まった。
 諏訪さんの受賞作は、「ポンパ」という意味不明の言葉を口走るなぞの叔父について、小説を書こうともがく様子を描いた作品。叔父の日記や語り手の「私」の記憶をたどることで、小説を書くとはどういうことかを見つめ直している。

 今回から川上弘美さんと共に芥川賞の選考に加わった小川洋子選考委員は、「論理的で綿密に計算され、構成された作品でありながら、頭でっかちになっていない。叔父さんの体温が伝わってくる」と高く評価した。

 松井さんは京都市生まれ。松竹勤務後、歌舞伎の上演台本作成などを経て、1997年に小説家としてデビュー。98年に「仲蔵狂乱」で時代小説大賞を受賞するなど、期待を集めてきた。受賞作は、神隠しにあった花魁(おいらん)のなぞを江戸・吉原の遊郭の住人たちが語っていく時代小説。浅田次郎選考委員は、「歌舞伎の実作者として存分に活躍して、今度は立派な小説を仕立てた」と述べた。

 贈呈式は8月22日午後6時から、東京・丸の内の東京会館で。副賞100万円。


芥川賞受賞諏訪哲史さんプロフィール
文藝春秋|各賞紹介|芥川賞
1969年10月26日名古屋市生まれ。92年國學院大学文学部哲学科卒業。在学中から卒業後まで独文学の故種村季弘氏に師事。現在、会社勤務。
〈作品〉本作で第50回群像新人文学賞を受賞。

芥川賞受賞作収録誌
群像 2007年 06月号 [雑誌]
群像 2007年 06月号 [雑誌]

直木賞受賞松井今朝子さんプロフィール
松井今朝子ホームページ
プロフィールページより引用
【略歴】

 1953 年9月28日、京都祇園に生まれる。南座にほど近い環境で育ち、子供のころより歌舞伎の魅力にとりつかれる。早稲田大学大学院文学研究科演劇学修士課程修了後、松竹株式会社に入社、歌舞伎の企画・制作に携わる。松竹を退職後フリーとなり、故・武智鉄二に師事して、歌舞伎の脚色・演出・評論などを手がけるようになる。
 一方で、『マンガ歌舞伎入門』『ぴあ歌舞伎ワンダーランド』、CD-ROM『デジタル歌舞伎エンサイクロペディア』など、歌舞伎啓蒙媒体の監修に積極的に取り組む。97 年、『東洲しゃらくさし』で小説家としてデビュー。同年に、『仲蔵狂乱』で第8回時代小説大賞を受賞。この作品は、2000年に市川團十郎、新之助の出演でTV化された。その後、幕末の青春を描いた『幕末あどれさん』、大坂を舞台にした『奴の小万と呼ばれた女』、初の捕物帳『一の富 並木拍子郎種取帳』を発表、現在に至る。

直木賞受賞作
吉原手引草
吉原手引草
松井 今朝子


関連エントリー
講談社ノンフィクション賞に、最相葉月氏と鈴木敦秋氏
島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞創設
芥川賞、直木賞を予想するなら「文学賞メッタ斬り!」
三島由紀夫賞 選考委員を総入れ替え : 出版トピック : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
第65回世界SF大会、8月に横浜で
芥川・直木賞:候補作決まる 川上未映子さんら13人−話題:MSN毎日インタラクティブ

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
ニュース | 22:54 | trackbacks(0) | ブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク

【-】 スポンサーサイト

- | 22:54 | - | ブックマークに追加する | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事のトラックバックURL
http://book-lovers.jugem.jp/trackback/45
トラックバック
検索
カテゴリー
Tag
アーカイブ
リンク集
OTHERS
あわせて読みたい フィードメーター - Booklovers
  • seo
スカウター : BookLovers〜書籍情報ニュースブログtrack feed
人気ブログランキング FC2ブログランキング
blogpeople
AD
オンライン書店ビーケーワン オンライン書店ビーケーワン
広告リンク